スポンサーリンク

LINEが開催するエンジニア向け技術カンファレンスのLINE DEVELOPER DAY 2018がとうとう明日に迫ってきました!

https://linedevday.linecorp.com/jp/2018/

  • 開催日時
    2018/11/21 10:00開場、18:05終了予定
  • 場所
    八芳園
    〒108-0071
    東京都港区白金台1丁目1-1
  • 電車
    東京メトロ南北線・都営三田線 白金台駅より徒歩1分
    JR目黒駅東口より徒歩15分
    白金台駅(東京メトロ南北線・都営三田線)2番出口より徒歩1分

 

セッションスケジュールの整理

魅力的なセッションがたくさん並んでおり、どれに参加しようか非常に迷います…

会場は1Fと2FでそれぞれHALL A/HALL B/Foyer(玄関)、HALL C/HALL D/Cafeと全部で6つの会場があります。

まずは整理してみます。

メインホールのスケジュール

メイン会場となる4ホールは講演時間のテーブルが共通です。

英語のセッションもありますが、日本語の同時通訳があるので安心です。

個人的にはHALL Cの15:00以降が実務に近そうな内容なので注目しています。

ピンク色文字のセッションは自分が見たいセッションです。

スケジュール(メインホール)
時間1F2F
HALL AHALL BHALL CHALL D
10:40Opening Session - "Next LINE" LINEが創る新たな世界 -

講演者: 朴イビン

対象者: 誰でも (日本語)

SatelliteSatelliteSatellite
11:40BreakBreakBreakBreak
11:50Clova AI for Everyone

講演者: Soonmin Bae

対象者: 誰でも (英語)

LINEが目指す理想の広告プラットフォーム

講演者: 渡邉直樹 (hackmylife)

対象者: 誰でも (日本語)

実演:LINE API新機能の総まとめ&新機能全部入りのchat botデモンストレーション

講演者: 中嶋一樹

対象者: 誰でも (日本語)

Full HD LINE free call

講演者: Jungnam Gwock

対象者: 誰でも (英語)

12:25Lunch Session

パネルディスカッション: グローバルな組織で働くエンジニアから見たLINEのエンジニアカルチャー

対象者: 誰でも (日本語)

SatelliteSatelliteSatellite
13:20LINEのインフラプラットフォームはどのように大規模サービスをスケールさせ運用コストの小さなインフラを提供しているのか

講演者: 三枝慶寛

対象者: 誰でも (日本語)

"Clova Inside" の裏側 -いつでもどこでもサポートしてくれる自然言語理解の仕組み

講演者: 佐藤敏紀 (overlast)

対象者: 誰でも (日本語)

人気開発者によるClovaスキル創出手法とこれからのVUI活躍のための3つのキーワード

講演者: 立花翔、池田大介、コバヤシトール、捧隆二、金谷拓哉

対象者: 誰でも (日本語)

BITBOX: How to Secure Cryptocurrency Exchange

講演者: Sanghwan Ahn (h2spice)

対象者: ビジネスユーザー (英語)

13:55BreakBreakBreakBreak
14:10How does LINE effectively handle media content?

講演者: Hae Seong Choi

対象者: 誰でも (英語)

モノからつながる世界・モノから広がる世界へ LINEが手がけるIoTへの取り組みとその未来

講演者: 髙久裕央

対象者: 誰でも (日本語)

今すぐ使える特選Chatbot

講演者: 松下勇作、中島裕聡、小川博教

対象者: 誰でも (日本語)

Upgrading Emoji: Secrets to Coding Your Own

講演者: ブルースエバンス

対象者: 誰でも (英語)

14:45BreakBreakBreakBreak
15:00Multi-Tenancy Kafka cluster for LINE services with 250 billion daily messages

講演者: 河村勇人

対象者: ビジネスユーザー (日本語)

フロントエンド開発によって進化するLINEの未来

講演者: 清水大輔

対象者: 専門家 (日本語)

いま考えられる限り最も速く対話型アプリを開発する方法

講演者: 中村憲一朗

対象者: 誰でも (日本語)

スマートスピーカー概要の話から始まり、LINE Clova、Google Home、Amazon Echo開発の比較も交えながら、Clovaスキルの具体的な作り方について、デモを交えながらご紹介します。とくに Clovaのスキル(Extension)については、LINE messaging API との連携も含め、お話しします。Clovaに話しかけたら何らかの処理結果をLINEにpushできるようになりましょう。
サーバーサイドは、Microsoft Azure Functionsを使い、サーバーレスで構築します。
Build your Android app Faster and Smaller than ever

講演者: Jirawat Karanwittayakarn

対象者: 誰でも (英語)

15:35BreakBreakBreakBreak
15:50Efficient And Invincible Big Data Platform In LINE

講演者: 杜佐民 (Neil)

対象者: 専門家 (英語)

Machine Learning at LINE

講演者: 菊地悠

対象者: 誰でも (日本語)

サーバーレスで!Clovaスキル開発入門 (C#)

講演者: 千代田まどか(ちょまど)

対象者: 誰でも (日本語)

Life as an enterprise security geek from underground. (What enterprises want security researcher to do at work? -- How to survive)

講演者: SeungJin Lee (beist)

対象者: 誰でも (英語)

16:25BreakBreakBreakBreak
16:40ホワイトペーパーに書いていない LINE Token Economy の裏側

講演者: 那須利将

対象者: 誰でも (日本語)

OASIS - Data Analysis Platform for Multi-tenant Hadoop Cluster

講演者: 吉田啓二

対象者: 誰でも (日本語)

今日作れるスマートスピーカースキル - Clova SDK ライブコーディング -

講演者: 望月亮佑

対象者: 初心者 (日本語)

 

Discover more LINE Beacon applications

講演者: Fang-Chuan Wu (Benny)

対象者: 初心者 (英語)

17:15BreakCloseCloseClose
17:30Closing Session
LINEが創る理想のDeveloper Relations講演者: 砂金信一郎 (日本語)
18:05Break
18:40懇親会
20:40Close

 

ポスターセッション

1FのFoyer(玄関)では12:25/14:45/16:25から最低1時間、ポスター前で発表者が解説を行います。

気分転換にポスターをサラッと眺めるだけでも面白いかもしれません。

ポスターセッション(1F Foyer - 玄関)
タイトル講演者対象者言語
Taipei Metro x LINE TODAY: Rapid Development of Wow Beacon LBS with LINETing-Ting Hu初心者英語
大規模なスパースデータを扱うための分散機械学習処理系について並川淳誰でも日本語
Practical Lessons from Predicting Clicks on Ads at LINE Corp高柳慎一、朴俊永、Kim Su Youngビジネスユーザー日本語
LINEのデータサイエンティストを支えるRの技術湯谷啓明初心者日本語
俺の考えた最強のマイクロサービス - LINE Shop の事例を添えて川田裕貴、林 康司ビジネスユーザー日本語
SAORI: multi-platform, multi-language package managerハーバス安利 (andyh)専門家日本語
GROWTHY, Essential Platform for Data-drivenJaeYong Choi、HyeongBae Shin、Taeho Yunビジネスユーザー英語
LINE SDK のオープンソース化王巍 (onevcat)、御代田亮平、李颍 (Ying Li)、Daniel Kao誰でも英語
Voice UIによる音楽検索 -「ねえClova、打ち上げ花火かけて」の大変さ-四倉晋平ビジネスユーザー日本語
Deep Learningを用いた楽曲データの特徴量抽出とその推薦システムへの応用丸尾大貴誰でも日本語

 

2F CafeのLightning Talk

Lightning Talkは各5-10分程度の短い時間でのプレゼンの事です。

タイトルだけでも面白そうなものがありますし、短い時間でプレゼンする技術自体も興味深いです。

Lightning Talk (2F Cafe)
時間タイトル講演者対象者言語
13:20LINEサービスの管理画面でUIを標準化するには?岡崎晶彦誰でも日本語
LINEファミリーサービスの品質向上のためのQAチームの取り組み鈴木里惇誰でも日本語
Android ThingsでClovaを動かしてみた中原健一ビジネスユーザー日本語
Bot Store MVP: How To Boost Organic Bot Add By 10xFauzan Helmi Sudaryanto (Ujan)誰でも英語
SwiftでClovaのSkill ServerをLive Codingで作る上野賢一初心者日本語
14:10LINE Android の APNG ライブラリの独立化とOSS化の取り組み玉木英嗣 (Ralph)誰でも日本語
LINE’s AB Test Standardization with Our Own Toolset土屋祐介初心者日本語
LINE DMPにおけるバルクロードの小話岡田遥来誰でも日本語
Inside of Baremetal Server Deployment on Private Cloud木村智洋専門家日本語
Spring Bootで簡単に作るClovaスキル守道雄一誰でも日本語
15:00複数のElasticsearchクラスタの運用で消耗しないために加賀谷北斗ビジネスユーザー日本語
入場受付のための顔認証システムを試作してみた杉義宏 (sugyan)誰でも日本語
忘れがちな出退勤の打刻をLINE Beaconでアシストした話岩月靖典誰でも日本語
Abyss : LINEのWebサービス配信の裏側原悠平ビジネスユーザー日本語
Experience of building an app for existing web service, take LINE TODAY application for exampleMao-Yuan Kao (Daniel)誰でも英語
15:50Hacking images for faster OpenCV(iOS)山口智生 (はるふ)ビジネスユーザー日本語
クルマで動くClovaの作り方國吉真春ビジネスユーザー日本語
LINEサマーインターンシップの舞台裏と狙い繪面友香誰でも日本語
LINE Beaconで遭遇したパワーマネージメントに関するトラブルとその解決策古田陽介ビジネスユーザー日本語
Build secondary indices in distributed database by exploiting Apache KafkaHao-Yun Chen (Irene)初心者英語
16:40LINE QR Code Loginとそれを支える技術尾上良範誰でも日本語
Bringing 40,000+ Thai Street Foods on LINE by using LIFFPanjarat Sirilapporn (Jeab)誰でも英語
MySQL Query Re-player: パケット解析によるクエリの観測とその再現大塚知亮ビジネスユーザー日本語

 

見たいものリスト

完全に自分の為のメモですが、時間毎に見たい内容をリストアップしていきます。

10:40

オープニングセッションは1つしかやってないのでこれ一択ですね。

  • Opening Session - "Next LINE" LINEが創る新たな世界 - (HALL A)

 

11:50

この時間帯に見たいのは2つありますが…

  • Clova AI for Everyone (HALL A)
  • 実演:LINE API新機能の総まとめ&新機能全部入りのchat botデモンストレーション (HALL C)

フロントエンドに近い方が自分の好みなのでHALL Cのセッションですかね。

直近1年間にリリースされたLINE APIの新機能をまとめてお伝えするべく、新機能全部入りで開発した最も鮮度の高い対話型アプリケーションのデモを行います。

Chatbotの開発に不可欠なMessaging APIでは無限のレイアウトが可能なFlex Message、トークしながらWebアプリを起動できる「LIFF」がリリースされ、Chatbotの戦闘力がかつてないレベルに高まってきています。

またもう一つのプラットフォームであるClova。こちらもオリジナルのスキルを追加できるようになり、アプリケーションのインターフェースは新時代を迎えています。

このセッションに参加いただくと、LINE APIの新機能を網羅できるとともに、ChatbotやVUIといった対話型アプリケーションで今どこまでやれるのかを掴んでいただけるはずです。

実演:LINE API新機能の総まとめ&新機能全部入りのchat botデモンストレーション

 

12:25

Foyerでポスターセッションが始まる時間ですが、HALL Aのランチセッションが面白そうです。

LINEのような大きい企業でのエンジニアの働き方やカルチャーは非常に気になります。

  • パネルディスカッション: グローバルな組織で働くエンジニアから見たLINEのエンジニアカルチャー

LINE DEVELOPER DAYの各スピーカーの顔ぶれをご覧いただければ分かる通り、LINEでは多くの国・オフィス・組織でエンジニアが働いており、協業しながらサービスを開発しています。
ここでは国内3拠点(東京・福岡・京都オフィス)で働くエンジニア3名が代表して、それぞれの視点で、LINEでの働き方やカルチャーをパネルディスカッション形式でご紹介させていただきます。

※12:40開始 13:00終了
※本セッションは同時通訳はありません。

パネルディスカッション: グローバルな組織で働くエンジニアから見たLINEのエンジニアカルチャー

 

13:20

この時間帯は見たいものが多いです。

BITBOXはLINEが運営する暗号通貨の取引所ですね。

日本では取引できませんが、取引所に対する脅威に対してどのようなセキュリティ対策をしているかが非常に気になります。

しかし、UIとAndroid Thingsには非常に興味を持っており、すぐに使える情報がありそうなので、2F CafeのLightning Sessionを優先します。

  • "Clova Inside" の裏側 -いつでもどこでもサポートしてくれる自然言語理解の仕組み (HALL B)
  • 人気開発者によるClovaスキル創出手法とこれからのVUI活躍のための3つのキーワード (HALL C)
  • BITBOX: How to Secure Cryptocurrency Exchange (HALL D)
  • LINEサービスの管理画面でUIを標準化するには? (Cafe)
  • Android ThingsでClovaを動かしてみた (Cafe)

LINEでは数多くのサービスがあり、それぞれに管理画面があります。サービスや機能拡張に伴い多様化し続ける管理画面において、高速なリリースと一貫したユーザ体験が課題になっていました。それを解決するためにUI標準化プロジェクトを立ち上げ、Bootstrap 4.1をベースとした LINE独自のCSSツールキットkoromoを開発しました。

このセッションではkoromo開発の背景や独自コンポーネントの紹介、どうしたらできるだけ多くの人に使ってもらえるのかについてお話しします。

LINEサービスの管理画面でUIを標準化するには?

LINEではClova対応デバイスを容易に開発できるよう様々なSDKを開発しています。本セッションでは、このSDKを用いて Android ThingsをインストールしたRaspberry Piへ簡単にClovaを組み込む方法について発表します。Clova 開発と言えば、自然言語処理 (NLU) やスキル (CEK) 開発が注目されがちですが、本セッションを通じてデバイスメーカーやAndroid エンジニアなど、様々な方々にClovaに興味を持っていただければと思います。

Android ThingsでClovaを動かしてみた

 

14:10

  • モノからつながる世界・モノから広がる世界へ LINEが手がけるIoTへの取り組みとその未来 (HALL B)
  • 今すぐ使える特選Chatbot (HALL C)
  • Spring Bootで簡単に作るClovaスキル (Cafe)

家電製品関係のソフトがメインである自分にとってはBLEとかIoTとかのワードは飛び付きたくなりますね…

参加するしかありません。

LINEでは家電や電子機器といった身の回りのモノをLINEアプリやClovaにつなげることで、モノと人とのコミュニケーションを実現し、モノからはじまる新しい出会い・新しい価値をつくりだすサービス・プラットフォームを日々開発しています。

本セッションでは、LINEが手がけている家電連携やBLE(Bluetooth Low Energy)通信を活用したデバイス連携などのIoTへの取り組みについて発表します。合わせて、サードパーティ開発者向けに公開している開発者向けプロダクトについて発表します。

Clovaでは、IoT/IR家電との連携を実現するプロダクトであるClova Homeについて、LINEアプリでは、BLE搭載デバイスとの連携を実現するプロダクトについて紹介します。

最後に、 開発者向けプロダクトとして提供を予定している機能(LIFF BLE)について、開発手順や実装方法を紹介します。

※LIFF BLEは、LINE Front-end Framework上で、BLE通信を実現する機能です。

本セッションは、IoT、LINEアプリ、Clovaに興味のある開発者の皆さんを対象としています。エントリーレベルの内容ですので、お気軽にご参加ください。

モノからつながる世界・モノから広がる世界へ LINEが手がけるIoTへの取り組みとその未来

 

15:00

  • フロントエンド開発によって進化するLINEの未来 (HALL B)
  • いま考えられる限り最も速く対話型アプリを開発する方法 (HALL C)
  • 入場受付のための顔認証システムを試作してみた (Cafe)
  • 忘れがちな出退勤の打刻をLINE Beaconでアシストした話 (Cafe)
  • Experience of building an app for existing web service, take LINE TODAY application for example (Cafe)

この時間帯はCafeのセッションも非常に面白そうで迷いますが…

対話型アプリ開発のベストプラクティスはぜひ聞いておきたい内容です。

C#、Visual Studio Codeというキーワードも重要です。

LINE Botや Clova、また LINE Pay など LINE プラットフォーム開発の生産性に課題はありませんか?本セッションでは対話型アプリ開発におけるベストプラクティスを共有します。

Visual Studio Code のような高度な開発環境を最適にすることで、より速く、精度の高い対話型アプリを迅速に開発することができます。またデバッグに関しても、オープンソースで開発している LINE Simulator や Clova Simulator, またコードエディターの機能を最大限駆使し、ライブデバッグを行う方法を紹介します。

※対象言語は C# および Node.js

いま考えられる限り最も速く対話型アプリを開発する方法

 

15:50

  • サーバーレスで!Clovaスキル開発入門 (C#) (HALL C)
  • LINEサマーインターンシップの舞台裏と狙い (Cafe)
  • LINE Beaconで遭遇したパワーマネージメントに関するトラブルとその解決策 (Cafe)

Cafeも面白そうですが、C#erの私としては圧倒的にHALL Cですね。

Clova以外のスマートスピーカーとも比較しながらClovaのスキル開発する話は私にとってタイムリーな内容です。

Azure Functionも使ってサーバレスで構築するという事で、Visual Studioを使用してちょちょい!っとサクサク!

っと短期間で簡単に開発する奇跡的なデモを行ってくれるのでしょう。

講演者はMicrosoftの超有名人・ちょまどさんです!

これだけでも聞く価値がありますね!

スマートスピーカー概要の話から始まり、LINE Clova、Google Home、Amazon Echo開発の比較も交えながら、Clovaスキルの具体的な作り方について、デモを交えながらご紹介します。とくに Clovaのスキル(Extension)については、LINE messaging API との連携も含め、お話しします。Clovaに話しかけたら何らかの処理結果をLINEにpushできるようになりましょう。
サーバーサイドは、Microsoft Azure Functionsを使い、サーバーレスで構築します。

サーバーレスで!Clovaスキル開発入門 (C#)

 

16:40

  • ホワイトペーパーに書いていない LINE Token Economy の裏側 (HALL A)
  • 今日作れるスマートスピーカースキル - Clova SDK ライブコーディング - (HALL C)
  • LINE QR Code Loginとそれを支える技術 (Cafe)

すぐとか簡単に作れるって言葉に弱いんですよね…

15:00以降はHALL Cにずっといる事になりそうです。

夏にスキルストアがオープンし、誰でもClovaのスキルを開発、公開することができるようになりました。多くの企業や個人の開発者にご参加いただき、便利なスキルが次々と公開されています。

まだスマートスピーカースキルを作ったことが無い方にも気軽にトライしていただけるよう、開発の手順をご紹介致します。

ライブコーディングでは簡単にLINEメッセージを送信できるClovaならではの機能を使ったスキルを開発します。

今日作れるスマートスピーカースキル - Clova SDK ライブコーディング -

 

17:30

HALL A以外は17:15でCloseなので最後は大人しくClosing Sessionを聞きます。

LINEではプラットフォームのオープン化や情報公開、OSS貢献を積極的に行っています。LINE DEVELOPER DAY 2018を含むLINEのDeveloper Relations活動をご紹介しつつ、みなさまの日々のサービス開発やシステム構築により一層役立てていただくためのヒントをお伝えします。技術力とパッションでLINE開発者が創りだすCultureを体感してください。

Closing Session LINEが創る理想のDeveloper Relations

 

まとめ

参加したいセッションがたくさんあるので各セッションの概要は事前に調べておかないと当日焦りそうですね。

ポスターセッションは解説の時間にはいけそうにないので空いた時間にサラッと眺めるくらいになりそうです。

私は初めての技術カンファレンスなので、フル参加で楽しんできたいと思います!

参加される方々もスタッフの方々も良い1日になりますように!

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事