PAC Protocolからの公式声明(FAQ)と日本語訳
スポンサーリンク

PAC ProtocolのCEO・Davidが辞任後、運営であるPAC Globak LLCが提案機能を使って生成した$PACはどういう使われ方をしたのか!?

という質問が本家Discordで何度も繰り返されており、運営が公式にFAQ(よくある質問)として2021/12/21に声明を出しました。

https://pacprotocol.com/news/what-s-new-faq

以下に日本語訳を記載します。

前置き

PACプロトコルはそのコミュニティとあなたが提供するフィードバックを大切にしています。
私たちは透明で明確な方法でフォワードコミュニケーションに投資することを新たに約束します。
PACコミュニティが直接またはソーシャルチャネルを通じて質問をするとき、私たちは答えを提供するためにここにいます。私たちは常に正しいことを聞いて興奮していますが、不快なフィードバックを聞くことで解決策を見つけて製品を改善できるため、間違ったことを聞くことも同様に重要です。
このPACコミュニティとの対話は私たちの成長と成功の重要な部分であり、心から感謝しています。

現在の組織の再編により、皆様からのフィードバックが頭に浮かびます。
PAC製品チェーンは進化を続けており、ベータ版のyanDNAを使用してコミュニティから受け取ったコメントに応じて、さらに多くの更新と改善が行われています。
さらに、YANトークンと$WPACのブリッジのリリースに向けてyanSAFE / PACappが更新されています。
LLCによって開発されている他の多くのイニシアチブが最終的にネットワークとPACブランドを成長させ、すべての人の利益になることを期待しています。
質の高い作業には時間がかかります。
改善が完了するたびに、開始前にコミュニティに通知します。

しかし、今日はコミュニティの質問や懸念に答えることについてです。
常設の質問の完全なリストを一度に使い尽くすことはできませんが、すべての人が簡単に利用できる定期的なQ&Aのために、毎週いくつかの質問に取り組むことにしました。
これによりチームは目前の問題を検討し、思慮深い回答を提供することができます。
また、コミュニティは新しくリリースされた各バッチを読み取って処理することができます。

私たちの希望はコミュニティが私たちの使命と手順を確実に理解できるように、より多くの光を当てることです。
すべての製品とプロセスの完全なドキュメントは今後のコミュニケーションの一部になりますが、最初により大きな質問のいくつかに回答し、WebサイトのFAQに追加したいと思います。

新しく追加されたFAQ

 

LLCはネットワーク上のマスターノードの大部分を所有していますか?

いいえ、LLCはマスターノードを一切所有していません。

もちろん、LLCのオーナーは自分の$PACを保持しています。
これらのコインの大部分は$PACが1サトシ(0.00000001BTC)と評価されたときに個別に購入されたもので、私たちの長年のコミュニティメンバーの多くと同じものです。
各オーナーが個人的に所有する$PACをどうするかは、会社によって監督されることはありません。
オーナーは自らの裁量でPACの運営と発展のために個人資金を投資します。
これには独自のマスターノードの導入(会社が製品開発を続ける中でネットワークを安定させるため)、ブランド認知度向上への投資、PAC Protocolの将来に真の意味でプラスの影響を与えることができるリーダーの確保などが含まれます。

私たちのリーダーシップは会社の成長に尽力しており、ネットワークと製品を可能な限りサポートし続けることをお約束します。

会社としては$PACを持っていないけど、株主や社員は持っています。

個人の$PACの売買は会社は一切介入せず個人の判断のみという事で、普通の株式会社の株と同じような扱いですね。

スーパーブロックが機能していないのはなぜですか?

スーパーブロックが完全に機能しない理由として、私たちのチームはいくつかの説を検討しました:
・取引手数料のためのDASHコードベースの変更
・POWからPOSへの切り替え
・私たちのネットワークがDashよりも大きいこと
・PAC Protocolがフォークされていること
などです。
クォーラムの構築はまだ機能していますが、すべてのマスターノードが同時にクォーラムに参加しているわけではありません。
このため、スーパーブロックの報酬が得られないのは当選したマスターノードが払い出しの時点でクォーラムに参加していないことが原因であると考えています。
次のアップデートでは、Quick POSEのスコアリングとSuperblockの報酬に関するこの問題の恒久的な解決に近づくと確信しています。

色々と変更があって不具合が起きたって事ですね!

次の回答でも述べられてますが、現在この問題な恒久的な解決に対応中のようです。

なぜ最後のスーパーブロックの支払いがそれほど多かったのですか、そしてなぜそれが発表されなかったのですか?

2021年7月8日のPAC Protocolコアのアップデートで、承認されたものの実行されなかった未払い提案と予算をクリアするために、13億ドルのPAC支払いをリリースしたことを発表しました。これは、コードのエラーによって滞っていた数カ月分の支払いをカバーするもので、現在、開発チームによって対処が行われています。On-Chain Budget (OCB)のネットワーク上では、承認された提案に送られる報酬を除き、登録や投票の指標などすべてが機能している。

スーパーブロックには16,616ブロック分の$PACが含まれており、これは28~30日ごとにおよそ1億6800万$PACとなります。
新しいブロックが生成されるごとにそのブロックを造ったオーナーに支払われる100$PAC、マスターノードへの報酬として割り当てられる8280$PAC、そしてスーパーブロックの支払いの可能性のためにネットワークが予約している10,119$PACがあります。

支払いの仕組みに不備があったため、2020年10月から2021年7月までのネットワーク上の当選提案は解決する必要があり、こうして13億2000万ドルのPACが鋳造されたのです。
これはすべて、私たちが開示した手続きの範囲内に完全に収まっていました。

スーパーブロックの支払いが不具合で数ヶ月分滞っており、一時凌ぎの対応だけどまとめて払い出しする事で帳尻を合わせたという事ですね。

その不具合は現在開発チームで対応中との事。

じゃあその支払われた分の$PACはどこへ行ったの??

という事までここに明記して欲しかったですが、v0.17.0.4にアップデートする時に公開された記事の一番下にはこう書いてあります。

https://pacprotocol.com/news/pac-protocol-update-v0-17-0-3

未払い(承認済み)スーパーブロックについてのお知らせ。

スーパーブロックの未払いがあるマスターノードホルダー様、おめでとうございます!
新しいアップデートでこれらの支払いが解放されました。
チェインから13億ドルのPACが、v0.17.0.4でリリースされます(マスターノード所有者の以前の未払いSuperBlockの一部)。
会長のDrew Saundersが以前いくつかのQ&Aセッションで述べたように、このリリースは未払いのSuperBlockプロポーザルと予算(すべてマスターノード保有者によって承認された)を是正するための最優先事項でした。

これらの承認済み予算はマスターノードの配備、チームに招いた新しい人材の教育、現在生産中の製品の開発および内部テストなど、さまざまなChainの成長イニシアチブに適用され、直接慈善事業に提供されています。これは$PACの最大供給量に影響を与えたり追加したりするものではありません。

マスターノードホルダー様おめでとうございます!
新しいアップデートでこれらの支払いが解放されました!
なんて書いてあるからてっきりマスターノードを運営してる人達にその分まとめてもらえるのかと思っていましたが、

これらの承認済み予算はマスターノードの配備、チームに招いた新しい人材の教育、現在生産中の製品の開発および内部テストなど、さまざまなChainの成長イニシアチブに適用され、直接慈善事業に提供されています。

…との事なので運営費用に回されているっぽいですね。
PACがちゃんと開発されて成長しているならその使い途に何も文句はありません。
ちゃんと開発されていれば…

なぜ提案が見えないのですか?

見えますよ!
しかし、私たちはこれが私たちの製品のインターフェイスを通じてより簡単になるべきであることに同意し、コードが更新されるにつれてそれを優先しました(確かに、このUIを含めることは、yanSAFEの発売時に最優先事項ではありませんでした、私たちはまだスーパーブロックのトラブルシューティングを行なっていたからです)。

現在、レガシーウォレットではガバナンスタブに移動してネットワーク上の提案を見たり、投票したり、検査したりすることができます。

yanSAFEでは、左下の「>_」のリンクで、コマンドコンソールが開かれます。
gobject help "と入力すると、gobjectで可能なすべてのコマンドを呼び出すことができます。
"gobject list "と入力すると、アクティブなプロポーザルのリストが表示されます(この記事を書いている時点では、アクティブなプロポーザルはありません)。

yanSAFEにはUIがありませんが、CoreウォレットにはGovernanceのタブがあります。

yanSAFEでもコマンドコンソールを介して確認する事ができるようで、前述の$PAC生成の提案も黙ってこっそりやった訳ではなくちゃんと公開されていましたよ、という事ですね。

現在は提案は1つもありませんが、昔は結構提案がありました。

提案が上がってもそれの実効性については疑問だったし、価格が下がるにつれて人も去って提案は少なくなっていきましたね…

ほとんど使われてない機能だから新しいyanSAFEへの実装は後回し(元々非実装にするつもりだった?)というのもわかります。

私はこの点は別に不満はありません。

本家Discordでの会長・Drewの発言をまとめる

スーパーブロックの支払いについて会長・DrewがDiscordで何度も繰り返し説明しているとの事だったので、言及している部分をまとめてみました。

確かに結構前から何度も繰り返し説明されており、結構量があります。

はっきり言って、コインはただ生成して人に配るということはない。
PAC Global Holdings LLCでは、そのようなことは一度もありませんでした。

PAC Protocol / PAC Networkは常にネットワーク予算が組み込まれており、文字通り誰でもPAC Networkに提案を送り、特定の金額の資金調達について賛成か反対かの投票を受けることができます。
これはネットワークに組み込まれているものであり、支払いや配給を保証するものではありません。
ネットワークはその提案がYESとNOの投票比率の基準を満たすと結論付け、同意しなければなりません(10%の基準でYESがNOより多く、また個々の提案に対してネットワークの最低10%が投票しなければなりません)。
PAC Networkのユーザーは、およそ1億6500万コインを利用して提案を行い、ネットワークに提出し、MNオーナーがYESと投票すれば、PACはネットワークから直接支払いアドレスに送られます。
ボタンが押されることはありません。
コミュニティが、ネットワークが決めるのです。

- 歴史の授業 -
以前のPACはPOWでしたが、今はPOSです。
世界初のPOS決定論的マスターノード・ネットワークになることは、決して簡単なことではありません。
すべて革新的なコードであり、最適化や改良が必要なものもあるでしょう。
そのために専門の開発チームがあるのではないでしょうか?

POWからPOSに切り替わったとき、古いチェーンが抱えていた多くの問題が修正されました。
例えば、高い取引手数料、BAD ACTORSによる取引攻撃や51%攻撃によるチェーンの停滞、いくつかの取引所がハッキングされ、多額の残高が詐欺にあい、ブロックチェーンの完全監査によって報告・証明されたことなどが挙げられます。
これらはすべて対処され、それゆえこのチェーンとコミュニティの強さが今あるのです。

しかし、1つ問題があります。
スーパーブロック(OCB)は、適切に提出された提案に対してコインを放出するのに苦労しています。
最新の試みはネットワーク・リリース・メカニズムのバグのために失敗し、それ以前の多くの試みも失敗しています。
これはチェーンにマイナスの影響を与えるものではありません。
しかし、ネットワークから正当にPACを受け取るべき提案の所有者は、そうではありませんでした。
過去の提案の証拠と証明はすべての提案所有者に支払われるべきであったもので、PACチェーンの履歴に記載されています。ここにいる全員が、ブロックチェーンが活動の完全な台帳を保持する能力を知っています。
それは結局のところ、マスターノードの仕事なのです。

つまり、提案の所有者に支払われなかったコインはマスターノード所有者が投票で承認したにもかかわらず、送信されなかったのです。
送信されないのです。
そして、次のサイクルに移行します。

ですから、過去のアップデートでネットワークが完全に更新され、開発者のミスやバグによってネットワーク上で起こった不正な出来事が、必要なアップデートで発見され対処されるように払い出されるべきコインが、提案で要求された金額で提案者のアドレスに払い出されるようにするわけです。

お分かりいただけましたか?何か質問はありますか?

Discord Drew-2

ええ、もう説明しました。
OCBのコインは、基本的にMNリワードやPOSリワードと同じように捉えています。
新規にネットワークから直接生成されたものです。

何ヶ月もの間スーパーブロックが正常に動作しておらず、私たちはそれを心配することなく常に動作していたため、毎月165ミリオン(165,000,000)の$PACが追加され、それはYESと投票されていますが支払いはされていません。
LLCが最終的にアップデートでこれに対処したとき受け取られたPACの合計は高いですが、邪悪または悪質なものではありません。
文字通りMN投票者の決定を尊重し、適切な所有者に適切なコインを報酬として与えているだけです。

ここに来る新しい人たちにあまり知られていない事実があります。

PACは長い間1サトシで使用されていました。
さらに、2019年11月と2020年10月の間のBTCは今のレベルには程遠いものでした。
事実:165ミリオンのコインは取引所で流動的ではありません。しかし、心の安らぎを与えるために165ミリオン、1 sat、この期間も10kとはるかに低いBTCでその計算をすることができ、簡単にそれを理解するだけでよいのです。
難しいことではありません。
さらに、それは重要ではありません。
MNの有権者がYESと言うなら、我々もそうする。

Discord Drew-3

実は違うんです。ハードキャップの最大供給量は500億枚です。
それが達成されると、9年と少しで... MNが報われる方法は他にもたくさんあります。
例えば YANトークン。
達成されたらと言うべきでしょう。
スーパーブロックはOCBとして知られているように、その供給の一部である。
スーパーブロックが使用されないたびに、コインの供給量は500億枚を永遠に下回ることになります。
PACプロトコルのエコシステムの中で、非常に過小評価されている部分です。
MNオーナーとPACユーザーにとって非常に有益です。
あなたの声とMN所有権は強力です。

$PACの開発割り当ては、販売には使用されません。
と繰り返し述べています。
$PACは、ネットワークにアクセスするために必要なものです。
私たちが作りたい製品をテストするために$PACが必要なのは明らかで、市場外で割り当てるかスーパーブロックを使ってMNオーナーに私たちの方向性や提供した製品、計画している製品を承認してもらえるかどうかを尋ねているのです。
コインは市場で売られたり、捨てられたり、そのようなことを要求されることはありません。

Drewの発言を総合して考えると、
  • スーパーブロック報酬は提案の所有者が受け取るもの
  • スーパーブロックは不具合があってたくさん支払いに失敗している
  • 提案が受け入れられるかはマスターノード所有者の投票による
  • 決して私腹を満たす邪悪な支払いではなく、ルールに従ってマスターノード所有者の投票で決められたもの
  • 提案によって生成された$PACは総供給量の500億枚を超えて新たに生成されるものではなく、予めネットワークの予算に含まれて供給される予定のもの
  • スーパーブロックが使用されないとその分支払予定だった$PACはバーンされているのと同じ(≒1枚辺りの価値が上がる)
  • 開発用の予算に割り当てられた$PACは売られる事はない

というような感じでしょうか。

まとめ

まあ理解できない内容ではありませんし、ずっと昔からのホルダーはわかってる仕様でもあると思います。

しかし、確かに会長から発言があったとしてもDiscordという閉鎖的な空間の中でのメッセージだけでは多くの人に知ってもらえませんし、新規のホルダーは知らない事も多いでしょう。

それらをクリアにする為に、今回FAQとして公式ホームページで正式に公開する事にしたのでしょう。

Discordで他のメンバーからもずっと前から公式情報として発信してくれ!と求められてましたからね!

やっぱりホームページでの正式なメッセージ・情報って信頼大事ですね。

今後もDiscord内でされたQ&Aのまとめを公式ホームページのFAQに記載する予定ですし、新しい情報がホームページに掲載されるのを待ちましょう。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事